ダイエット成功の秘訣は食事にあり!普段の食生活を見直そう

カロリー制限以外の方法

続けやすいと口コミで評判

ビフォーアフター

ダイエットというと、摂取カロリーを減らすことを、最初にイメージされる方が多いでしょう。
カロリーの取り過ぎは脂肪を増やすことにつながりますが、しかし食事は栄養をしっかりと摂るためのものでもあります。
また、急激に摂取カロリーを減らしてしまうと、体の基礎代謝量が低下し、逆に太りやすい体質になる可能性もあるのです。
食事の量を減らすのではなく、食べる順番によってコントロールするという食べ順ダイエットが、口コミで話題となっています。
このダイエット方法は、血糖値の上昇をコントロールすることで、肥満を予防する、というものです。
食事によって血糖値が急激に上昇すると、身体はインスリンの分泌を促進し、上昇しすぎた血糖値を下げようとします。
インスリンは太らせるホルモンとも呼ばれており、脂肪を合成する作用があるといわれているのです。
食べ順ダイエットでは、食事の始めに、血糖値を上昇させにくい野菜類を食べることが、推奨されています。
野菜を食べた後に、肉類などタンパク質の多いおかずを食べ、最後に主食、という流れです。
この順番で食事を取ると、血糖値の上昇がゆるやかになり、インスリンの過剰分泌を、予防することができます。
食べ順ダイエットが口コミで人気となっている理由は、すぐに始められる事、そして簡単に続けられることにあるでしょう。
普段と同じ食事内容でも、食べる順番に気を配るだけで、ダイエット効果を得ることができるのです。

消費するより増やさない

お菓子とメジャー

例外はありますが大抵の場合、体重は減らすより増やす方が簡単ですし、カロリーを消費するより無駄なカロリーを摂らない方が効率的です。
従って、ダイエットには基本的に運動するより食事を制限する方が向いていると言えるでしょう。
もちろん、適度な運動の場合は健康的なからだを作る事になりますし、トレーニングで筋肉質になれば痩せにくい体型になります。
しかしながら、運動のカロリーコントロールというのは、継続性が大事で運動系のダイエットをストップした時点で、筋肉は贅肉に変わる可能性大ですし、運動していた時必要だったカロリーを食事で摂らないと満足出来ない状態になってしまいます。
短期間には、筋肉は重いのでそれが減って太った体型になっても体重は変わりませんから、リバウンディングをしてないような錯覚をしますが、いずれ体重は増えていくことが一般的です。
さらにジムでトレーナが運動じゃなく食事の指導をすることもありますからいかにダイエットにとって大切な要素であるかわかるでしょう。
ここで気を付けなければいけないのは食事制限を手軽にする方法ですが、個人差とその人の状態によって効果が違います。
例えば、置き換えダイエットや食事を1回抜くといった方法は、時期が限定されて太り気味のダイエット初期段階には効果があります。
しかし体重が落ちにくくなった場合や、標準体重及びやせている人及び、美容目的でダイエットする人には効果がうすく、かえって健康に悪い方法になりますからあくまで栄養素と摂取カロリーのバランスを維持した食事制限でなければなりません。

満腹感や満足感がポイント

女の人

本来、体がエネルギーを必要としている時、シグナルとして食欲がわくのですが、誘惑も多い環境下でのダイエットでは、食欲コントロールが成功のカギを握ります。
巷では、食べ過ぎてしまったら、良い意味でプチ断食が行われていて、老廃物が排出され、体重のコントロールが図られています。
十分な量の食事を摂っていても、満腹感が得られずに、食べ過ぎる失敗談は意外にも多く、食事から痩せ体質に繋げるには、太らないための調理法を知り、実践することも推進されています。
例えば、食べごたえがアップして、噛む回数が増える調理のコツは、食材を大きめにカットすることや、歯ごたえが楽しめる硬さで蒸したり、茹でる調理法で、満腹感が程よく刺激されます。
また、満腹感は噛むだけでなく、胃が膨らむことでも起こるので、食事を摂る前に、コップ1杯の炭酸水や、脂肪の吸収を抑える機能性ダイエット茶を飲んでおくのも、食欲の暴走を抑えられるポイントです。
健康や美容のことを考えれば、ダイエット中でも必要最低限の栄養を摂り入れることは大事で、また、ダイエットに挫折しないコツとしては、リバウンドを繰り返さない意味でも、長くゆるく続けることです。
我慢し過ぎず、少量でも満腹できる量と、栄養を蓄えている旬の食材を摂り入れるなど、質を考えるだけで、無理な食事制限をしなくとも、痩せる体質へ体が切り替わります。
また、早食いをしないため、利き手と逆でお箸を使ったり、小さめのスプーンですくえる量を加減したり、食事に使う食器類にこだわるのもポイントになります。